生まれる前から決めていたんだね。

次男の出産の時のおはなしです。予定日をだいぶ過ぎても生まれる気配がなく、助産師さんに「病院で産もうか」と言われました。私は長女を助産院で、2人目以降は自宅でお産をしています。ちょっとドキドキしながら覚悟を決めて、病院に向かいました。点滴を始めて、「まな板の上の鯉」の状態で寝ていたら、先生が一言。「喘息持ってるんだっけ?」その日は、ほんとに軽く咳が出ていました。「ん~、咳やだな~!こんな時に促進剤使うと、あんまりよくないんだよね~!」「やっぱり、今日はいいや。家帰っていいよ。」「!?」ものすごい覚悟も空回りに、家に帰されました。次男が生まれたのは、その2日後。自宅で家族に見守られて生まれ、へその緒は姉兄が切りました。その後占星術と出会い、次男のチャートを見てなるほど~。次男は、太陽が獅子座から乙女座に入った数時間後に生まれています。月・水星・金星、そして土星が獅子座の次男。獅子座要素(自己表現)満載ですが、生きる目的としては乙女座(自己調整)なわけですね。太陽・火星と乙女座で、自分をきちんと鍛えた上で、土星期に練れた獅子座を表現していくのでしょう。そのためにも何が何でも、乙女座に入ってから生まれたかったのかも。私の咳も彼の仕業かもしれません(笑)。余談ですが、次男の名前はとても獅子座っぽいです。勉強仲間に狙ってつけたの?と聞かれた事もあるのですが、当時は占星術を知らなかったので全くの偶然。いろんな事がシンクロしていて、とても面白い出来事でした。12月30日 ウラナイトナカイの「歳末占い見本市」に出演します♪詳細はこちら!ウラナイトナカイ「歳末占い見本市」はこちらです☆ぜひ遊びにいらして下さい^^ 

Tatsuki Kamiya

西洋占星術☆タロットの占い師 神谷 樹(かみや たつき) 太陽蟹座 月水瓶座 4児の母