謎の牡羊座

よくわからないサインってありますよね。自分のホロスコープを見て、天体が入ってないサインや、入っていても世代天体(天王星、海王星、冥王星)あたりだと意識しづらいと思います。私の場合だと、天体が入ってないのは牡羊座、獅子座、山羊座、魚座。獅子座はDESのせいか、獅子座の友人は多く、何となく感じはつかめます。山羊座は自分の太陽の180度で、理解できるか、と言われれば悩みますが、常に意識しています。魚座はまるっと1ハウスの中に入ってしまってるので、わかる様なわからない様な。天王星しか入ってない天秤座も、わりと謎です。そして一番の謎が、牡羊座。そして長男の月が牡羊座です。それも初期度数。赤ちゃんの頃、本当にわかりませんでした。この生き物は何だろう?と。当時は占星術も知らなかったし、自分の常識の中にない生き物でした。今考えれば、神様の世界に片足どころか、3/4くらい浸かってたんですね。牡羊座を表現するのに、考える前に動く、というのと、体は置いてきぼりで意識だけ先に動いてしまう、と云うのがありますが、長男は後者でした。3~4歳位のころ、必ずトイレの前でおもらししてたのもそれっぽい。気持ちはもうトイレに行ってるのに、体が間に合ってない(笑)私から見て「何で?」という行動が多く、その度に怒ってばかりいたのですが、今なら分かります。理由なんかなかったんですね。それが分かっただけでも大分楽になりました。牡羊座要素の強い方も何人も知っています。皆さん、パワフルでポジティブ、素敵な方が多いです。ただ何というか月牡羊座は、まだ他のサインの影響も少なく、12サイン中最初のサインだけあって、良くも悪くもエネルギーが強烈な気がします。なので個人的感想としては、親もエネルギーたくさん使わないと渡り合えない(笑)まだまだ、牡羊座は不思議でいっぱいです。面白いな~と思えるようになったのが、占星術始めた収穫ですね! 

Tatsuki Kamiya

西洋占星術☆タロットの占い師 神谷 樹(かみや たつき) 太陽蟹座 月水瓶座 4児の母