三重円 進行図と経過図の影響

あっという間に12月です。気ばかり焦ってしまいますね(汗)昨日は講座仲間のnovemさんと勉強会でした。前回の水曜トナカイ講座で、三重円の読み方を色々教わったので、そのへんを踏まえて復習を。中心に出生図(ネイタル)、そのすぐ外側に進行図(プログレス)、一番外側に経過図(トランジット)。この3つを重ねたものが三重円です。出生図は、自分が生まれた瞬間の星の配置図。進行図は、自分の体内時計みたいなもので、今の自分の意識がどこを向いているのかを表します。経過図は、今現在の空の星の配置図です。昨日は今までとは違う進行図を使ってみました。これまでとは違うアスペクト(天体と天体を結ぶ角度)が、見えておもしろい~!それで、前に教わってから気になってた事を検証。女性宮が多いと経過の影響を受けやすい。女性宮は受動的なので、今の星回りに刺激されて動く事が多い(動かされる)。男性宮が多いと進行の影響を受けやすい。男性宮は能動的なので、自分の意識の向く方に動いていきやすい、というものです。(ちなみに男性宮は牡羊座、双子座、獅子座、天秤座、射手座、水瓶座。 女性宮は牡牛座、蟹座、乙女座、蠍座、山羊座、魚座になります。)女性宮が多い私には、進行図より経過図の影響が強い気がします。今現在、出生図の太陽(生き方)に現在の冥王星(徹底的に変革)が180度を過ぎたものの、まだまだ影響あります。そして、出生図のMC(社会的な場所)を、現在土星(固める)が通過中です。星に動かされてる感覚がはんぱないです。(もちろん、だからこそ今が動き時!と色々頑張ってるわけですが)対して、10天体中9つが男性宮のnovemさんは進行図へのアスペクト(特に合)が、とても多かったです。自分の内的衝動のまま、今頑張ってらっしゃるんだなぁ、ととても感じました。なるほど~!とうなる所が多かったので、今後も色々な方のを見ていきたいです。そしてお互いのチャートを見ながら、近いうちに影響が出そうなアスペクトを探して、それまでに出来る事を考える。こういう話をしながら勉強できる仲間がいる、と云う事は、本当にありがたいです。講座が終わるまで後4ヶ月、改めて頑張っていきたいと思いました♪ 

Tatsuki Kamiya

西洋占星術☆タロット ヒューマンデザイン 神谷 樹(かみや たつき) 太陽蟹座 月水瓶座  エゴマニフェスター  4児の母